分譲住宅は業者の選び方も重要

分譲住宅はどこも同じ業者が建てているというわけではありません。それぞれ業者によって建てる分譲住宅が異なるので、後悔しないためにはどこの業者が建てているのかについてもチェックしておくことが大切です。ここでは失敗しないための業者の選び方について紹介します。

まず1つ目のポイントは土地をこだわって選んでいるかどうかをチェックしましょう。基本的に建物の構造がどれだけ頑丈でも地盤が緩い場合は建物が崩れてしまう可能性が高くなります。地震などに負けない家にするためにも地盤の強度は重要になるので、選ぶ前には土地の地盤の強さはどうかをチェックするといいでしょう。そして業者を選ぶときには土地の地盤をこだわっているところを選ぶといいでしょう。

地盤が弱い土地を購入すると、住んでから建物が傾いてしまう危険性があります。家が建つエリアのことに詳しく、かつ地盤調査・改良がしっかりできる会社を選びましょう。

また2つ目はアフターサービスがあるかどうかもチェックをしましょう。業者によっては定期的に点検をしてくれたり、無料で修理に対応してくれたりするなど万全のアフターサービスを実施しているところがあります。しかし、業者によってはアフターサービスの内容が異なるので、後悔しないためにもアフターサービスの充実ぶりはチェックして決めておくといいでしょう。

このように、後悔しないためには業者を選ぶときに2つのポイントをチェックしておく必要があります。また、既に建っている分譲住宅もあります。そういった分譲住宅は見学もできますので、同じく地盤やアフターサービスをチェックするようにし検討してみてください。

 

立地環境が外壁の素材についても調べておきましょう

分譲住宅を選ぶときにはもちろん間取りなどは重要な部分となりますが、それ以外にもチェックしておきたいポインとは山ほどあります。その中でも立地環境や外壁の素材は何が使われているかはチェックしておきたいポイントになるので、これから購入するという方に向けて、ここでは2つのポイントについて紹介します。

まず1つ目は立地環境についてです。例えば立地環境と言ってもいろいろありますが、場所によっては夜と朝の雰囲気が全く違う地域もあります。例えば昼間は人通りも多く、にぎやかでも夜になると全く人が通らず、街灯もない場合があります。また、周辺にスーパーなどが無くて買い物に手間がかかるなど地域によって立地環境などが異なります。家だけを見て選んでしまうと後悔する可能性も高いので、しっかりと立地環境もチェックをして選ぶようにするといいでしょう。

また2つ目は外壁の素材もチェックしておきましょう。外壁の塗り替えはどんな素材が使用されているかによって異なります。あまり耐久性がないものを使用している場合には数年で塗り替えとなりリフォームを早くしなければならないことになるので、事前にどんな素材を使用しているのかチェックしておくといいでしょう。

分譲住宅を建てる際には間取りにこだわろう

分譲住宅にはいろいろなメリットがあるので購入しようと思っている方も多いかと思いますが、それぞれの分譲住宅で間取りなどが異なります。後々リフォームなどをすることも可能ですが、なるべくリフォームをせずに好みの間取りを選びたいと思っている人は多いと思うので、ここでは分譲住宅の建て方の中でも間取りのこだわりについてを紹介します。

まず、間取りで考えたい部分としては収納があるかどうかです。例えば寝室にはクロゼットなどが完備されているかや、その他水回り付近にも収納スペースがあるかどうかなど収納スペースの有無は重要になります。家を選ぶときには外見や内装のデザインを中心に見てしまいがちなので、収納の面で失敗したという方は多くいます。失敗しないためにも収納スペースの確保は重要になるので、後悔しないためにもしっかりと確認をしたい部分です。

また、無駄なスペースがないかのチェックをしておきましょう。例えば家族が4人なのに使用しない部屋が何個もあるともったいないので、選ぶときには無駄なスペースにならないかどうかのチェックをすることが大切です。特に分譲住宅は既に建っている状態で見学をして決めることになるので、どのくらいの部屋の数が必要かは事前にチェックしておくことが大切です。

分譲住宅と注文住宅の違い

これから夢のマイホームの購入を検討している方も多いのではないでしょうか。マイホームは人生の中でも一番と言ってもいいくらいの費用をかけます。そのため、マイホームの購入には後悔をしたくないと思っている方が多いでしょう。新築で検討している方が多いかと思いますが、新築には大きく分けると分譲住宅と注文住宅の二つに分けられます。どんな違いがあるのかよくわからない方もいると思うので、まずは違いについて紹介します。

初めに注文住宅について紹介しますが、注文住宅は土地と建物を別で購入し、一からマイホームを建てていくプランです。メリットとしては一から建てることができるのでより理想に近い家を建てられることです。しかし、費用に関してはそれなりに必要になります。

続いて分譲住宅について説明しますが、分譲住宅は基本的に土地と建物がセットになって売られることがほとんどです。そのため、購入する時には一つひとつの物件を見学して気に入った家を購入することになります。分譲住宅は一つひとつこだわって見学をすれば好みの物件を見つけることができますし、何といっても費用が安く済むので、どこの地域でも人気を集めているタイプの新築物件です。

このように、分譲住宅と注文住宅の違いについて話しましたが、それぞれ建て方や費用面なども異なるので、後悔しないためには事前に違いについて知っておく必要があります。その中でもこのサイトでは分譲住宅の建て方の豆知識についてお伝えします。